HOME学校紹介>学校長より

学校長より


 今年4月に校長として着任しました萩庭圭子(はぎにわけいこ)と申します。
 どうぞ、よろしくお願いいたします。

 本校は、横浜市南区の神奈川県立こども医療センター(こども病院、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設)に入院・入所している児童生徒に教育を行う特別支援学校です。また、横浜市青葉区の昭和大学藤が丘病院と、横浜市港南区の県立精神医療センターに入院している児童生徒のために、教員を派遣して教育を行っています。いずれも単独の校舎を持たず、病院の中にすっぽり収まっていますが、3病院あわせて常時100名前後の児童生徒が在籍し、入退院に伴う転出入が年間500件を超える病弱教育単独の特別支援学校です。

 その横浜南養護学校に、私は平成13年度から20年度まで勤務しておりました。教科指導だけでなく、教育相談コーディネーターとして児童生徒や保護者、教員、関係者との相談業務や病院との連携役も担っておりました。その中で、入院している児童生徒の学びの意義や、病院の中の学校の役割等、考え、悩み、たくさんのことを学びました。それらは、その後に携わった県教育委員会や文部科学省での業務に大いに役立ち、今日を迎えております。私を成長させてくれた横浜南養護学校に再び戻ってくることができました。これまでの経験を活かし「この学校で学んで良かった」と思ってもらえる学校を創りたいと思います。保護者の皆様、病院の皆様、児童生徒の学びを支援してくださる皆様の一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。