HOME>研修

研修


救急法講習会


平成30年6月6日(水)に教職員対象の救急法講習会が行われました。講師には、こども医療センターの萩原聡子医師をお招きし、救急蘇生法の考え方と重要性について説明して頂きました。心臓マッサージと人工呼吸の仕方やAEDの使い方をビデオに沿って実践しました。心臓マッサージ30回と人工呼吸2回を繰り返し、救急車が到着するまで続ける練習を3人一組になって行いました。現在は、救急車が到着するまで平均8分かかるそうですが、練習終了の救急車のサイレンが聞こえるまでがとても長く感じました。実際に救急法が必要になる時に備え、すぐに動けるような技術と心構えを持っていようと思いました。